【12月15日・16日 東京開催】エネルギーパス資格認定講習会のお知らせ

2015年12月1日

皆さまこんにちは!

日本エネルギーパス協会 事務局です。

12月15日(火)・16日(水)、今年最後のエネルギーパス資格認定講習会を開催いたします!

年末のお忙しい時期とは思いますが、今年の締めくくりとして当講習を受講しませんか?

エネルギーパス資格認定講習会の詳細は → こちら!

 

【エネルギーパス資格認定講習会in東京】

日程:2015年12月15日(火)・16日(水)

時間:両日とも 9:30~18:00

会場:日本エネルギーパス協会 セミナールーム

(東京都港区新橋2-5-6 大村ビル8F)

費用:お一人様 10万円(税別)

 

◆お申込み方法◆

申込用紙をダウンロード頂き、必要事項を明記の上、

協会事務局までお送りください。

申込用紙のダウンロード → クリック

 

皆さまどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

続きを見る...

エネルギーパス資格認定講習会のご案内

2015年4月5日

エネルギーパスとは、ISO基準に基づいて計算された、家の燃費性能を表示する『証明書』 。EU全土では2008年より、エネルギーパスの表示が義務化されました。光熱費や水道代だけではわからない、その家の「燃費」を定量的に示すことにより、性能の高低を一目瞭然でお客様に伝えることができます。

本講習では、なぜ建築物の省エネ性能を高める必要があるのか、地球環境保護やエネルギー安全保障、住まい手の健康保護などの様々な視点から理解を深めます。また、断熱や気密、日射コントロールなどのエネルギーパスの計算プロセスを理解することとで、省エネ建築設計の基本的な知識を見につけることを目的としています。研修終了後、所定の手続きにより、日本エネルギーパス協会の認定ライセンス取得、計算ソフトの利用ができるようになります。

開催日程は → こちら


●どんなことが学べるの?

講習会の内容のほんの一部だけご紹介いたします。


建築と環境問題

持続可能性の観点から、地球温暖化についてどのように考察するか?などを客観的なデータを交えながら理解を深めていきます。

例えば、現在地球全体で人類がエネルギーを得るために化石燃料を燃やし続けており、毎年約300億トン以上のCO2が大気中に放出されています。
これは地球上の森林や海洋、岩盤などが吸収できる量を大きく超えています。つまり、ガイアのキャパシティー以上にCO2を生産しているわけです。
人類が子供たちや孫たちの世代に対して、出来る限り持続可能性を高めて行くための大原則として、「自然の再生速度を上回る消費(生産)をしないこと」があります。現状のCO2排出量は自然の炭素循環速度を大きく逸脱しているので、持続可能の観点からも是正する必要があることが分かります。

続きを見る...

エネルギーパス資格認定講習会の地域特別開催

2015年4月4日

4月7日〜8日にかけて、富士北麓の家プロジェクトさん主催の出張エネルギーパス認定講習会を出張開催させていただきました。通常は東京(新橋)での開催のみとなっておりますが、10名以上の参加が見込める場合には、移動教室としてご希望の地域での開催を行っております。

10372348_841806039182707_3907343037348870249_n 1016302_757806147582697_1323275403_n

 

地元で開催したいとお考えの方は、ぜひ事務局までお問い合わせ下さい。

エネルギーパス資格認定講習会についてはこちらをご覧ください。

続きを見る...