A=「普通のおうち」B=「低燃費住宅」あなたならどちらを買いますか?

2015年6月16日

日本エネルギーパス協会が何をやっている団体なのか?

今日は、日本エネルギーパス協会が何をやっている団体なのかについて、少し解説させていただきます。
ザックリといえば私共は「家の燃費」つまり光熱費を見える化していくということを推奨している団体です。 具体的にはみなさまに、燃費計算を設計段階で行っていただく為の「勉強の場」と「燃費計算ソフトウェア」などを提供させていただいております。

5「この○○の家を□□で建てた場合には、一般的な生活を送った場合に、電気代とガス代が一年間で約25万円いくらぐらいかかりますね。」

というような燃費計算結果を、設計段階でお客様にアウトプットしながら住宅を提供する営業活動を推奨、サポートしています。
こういった「家の燃費」を建てる前の段階でお客様に提示していくと、例えば新商品の高性能樹脂窓があったとして、今標準仕様で提供しているアルミサッシからアップグレードした場合(U値4.65→0.8)年間の光熱費がどのぐらい下がるのか?導入予定の暖房の設備効率を考慮して予想される燃費をはじき出します。
例えば光熱費が3万円下がったとします。一方アップグレードに必要な差額は60万円だったとします。60÷3=20年で元が取れる計算になりますね。20年で元が取れるなら、30年以上住むのでこの窓は買いだ!ということをお施主様が判断できるようにサポートしていく営業方法です。

 

光熱費をチマチマと計算して一体何のメリットがあるのか?

私どもは概要としてはそういうことをやっていますが、正直、光熱費をチマチマと計算したりするの面倒くさいし、そのようなことをして一体何のメリットがあるのか?というところをお考えの方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

続きを見る...

全国に広がるエネルギーエージェント資格者

2015年4月8日

    • 北海道
    • 5 名
    • 東北地方
    • 40 名
    • 関東地方
    • 166 名
    • 中部地方
    • 741 名
    • 関西地方
    • 85 名
    • 中国地方
    • 31 名
    • 四国地方
    • 51 名
    • 九州・沖縄
    • 21 名

■エネルギーエージェント1290名!

 

全国に続々と増加する「エネルギーエージェント」。その人数は既に1200人を突破しています。2020年には省エネ義務化を迎えますので、残りあと4年。この4年以内にどれだけ省エネ技術やノウハウを蓄積できたか?これがその後の10年の御社の住宅ビジネスの鍵となることは、間違いありません。まだ未受講の方はぜひ、エネルギーパス資格認定講習会への参加をご検討ください。

detail

◇正会員エネルギーエージェント(有資格者の内、正規会員登録いただいている方々) ※敬称略
会社名をクリック頂くと各社ホームページをご覧いただけます。

北海道

山本 謙一
高見 慎    株式会社順工務店低燃費住宅

青森

船橋 和明   株式会社リーファ
小笠原 央子  株式会社青北建設

秋田

髙橋 範夫   山二建設資材株式会社
佐藤 公行
小武海 健太
大塚 梨沙
佐貫 隆史   佐貫一級建築設計事務所

岩手

宮城 秀一   株式会社美弥ハウス
斎藤 貴光   光建築設計
川村 修    株式会社リベスト

宮城

佐々木 勇   セルコホーム株式会社
金子 靖    株式会社オノヤ
菅原 敏秀   株式会社江村工務店
花坂 雅之   株式会社花坂ハウス工業
眞坂 琢也   株式会社低燃費住宅 仙台
荒川 香奈   有限会社伊藤工設計
阿部 剛    有限会社ウッディアベ工芸
菅原 勢津子  株式会社菅原建業所
斎藤 正吉   株式会社アドライフ
田畑 淳一   株式会社丹秀工務店
宍戸 広光   株式会社山大
髙橋 暢介

続きを見る...