日独サスティナブル建築フォーラム in 高松

2013年11月1日

セミナー・講演会
日独サスティナブル建築フォーラム in 高松

takamatu

●開催概要sign

3.11以降、日本国民の住まいに対する要求大きく変化いたしました。いや、原点に回帰したというべきでしょうか。
それまではイニシャルコストしか気にしない「近視眼的なローコスト住宅」小手先だけの「エコ住宅」などの短絡的な住宅がもてはやされていましたが、太古の昔から、人が豊かに暮らすための住まいの条件は3つしかないと我々は考えます。

「健康」
「経済性」
「人とのつながり」

これらの3つが満足されなければ、人はその人生に不満を抱くことでしょう。はたしてこれら3つを満足させる住まいとはどのような家なのでしょうか?この問いに皆で挑戦する。これが本フォーラムの狙いです。

 


takamatu-sakatakamatu-muratakamatu-paneltakamatu-sou

 

日独サスティナブル建築フォーラム in 高松
開始挨拶
環境ジャーナリスト
村上 敦氏

記念講演 1
ドイツ連邦政府国土交通省
ハンス・ディータ・ヘグナー氏

記念講演 2
独立行政法人建築研究所理事長
坂本 雄三氏

パネルディスカッション

住まいと建築社代表
野池 政宏氏

日本エネルギー機関(JENA) 代表取締役
中谷 哲郎氏

日本エネルギーパス協会 代表理事
今泉 太爾氏

弊会の挨拶

村上敦&早田宏徳

ScreenClip